将来のことを考えて浴室リフォームをしよう【優良業者の選び方】

バリアフリーを検討

お風呂場

減税対象になる可能性も

横浜市は環境が整っているという事もあり、シニア層が生活しやすい街として人気です。しかも、横浜市はバリアフリー補助金・減税制度も実施しています。年齢を重ねると今まで問題なく生活出来ていたマイホームでも、不便を感じるケースは多々あります。少しの段差に躓いてしまい、骨折してしまうというケースも少なくありません。このようなトラブルが起こらないよう、マイホームをバリアフリー化する事がおすすめです。横浜市のようにバリアフリーのリフォームを行った場合、補助金が出たり減税出来るサポートがあれば、金銭的な負担を解消出来ます。特に浴室リフォームは、シニア層にとって欠かせないものです。古い浴室だと洗面所から浴室に段差があったり、浴槽が深く入り難いというケースがあります。バリアフリーに対処した浴室リフォームを行えば、段差や浴槽の問題を解決出来るのです。また、シニア層が浴室リフォームを行う場合は、ヒートショック対策を行いましょう。浴室と浴槽の急激な温度差によって、起こるのがヒートショックです。急激な温度変化によって血圧の変動が起こり、失神や心筋梗塞、脳梗塞といった症状が引き起こされます。このヒートショックによって、毎年亡くなる方もいるのです。特にシニア層はヒートショックを起こしやすい為、浴室リフォームによって浴室乾燥暖房機の設置をおすすめします。浴室乾燥暖房機を設置する事で、冬場の温度差を少なくしヒートショックのリスクを下げる事が可能です。横浜市に住んでいる方は、浴室リフォームで安全なお風呂を作ってみてはいかがでしょう。

作業員

業者はよく話し合って選ぶ

リフォームの内容と予算が決定すると、業者に相見積もりを出してもらいます。さいたまで業者選びを行なう時には金額のみで判断するのではなく、費用や内容、材料といった様々な面を確認することが大切です。また、希望する予算やプランなどについてもしっかり話し合っておき、無理のないプランを立てるようにしましょう。

家族

依頼する先はさまざま

リフォームというのは高い買い物なので依頼する業者選びも慎重に行いたいところです。業者の形態は大きく分けて個人店、工事店、リフォーム営業会社があるので、精査した上で任せるようにしましょう。

室内

依頼先の選び方

リフォームの成否は業者選びで決まるといわれます。どこに依頼するかは、技術面だけでなく信頼できる相性の良い業者を選びましょう。雑誌を見たり、ネットやタウンページ、さらには東京のモデルハウス、ショールームなどを見学して探します。機会があれば、知り合いで実際にリフォームした家を見せてもらうのもお勧めです。